植物の力で建物を保護する!屋上緑化の利点


断熱効果で暑さに強くなる

真夏の暑さが原因で光熱費が高くなってしまい、節約のために断熱性を高めたい時に役立つのが屋上緑化です。植物が根から取り込んだ水を蒸発させる、蒸散作用を活かして断熱性を高めるのが屋上緑化です。日光を遮ることでヒートアイランド現象を防ぐ効果も期待できて、都市部に建築されているビルに必要な機能を屋上緑化は持っています。

直射日光が原因のダメージを防ぐ

コンクリートが直射日光を浴びることで少しずつ劣化していき、建物の寿命が縮まる現象を防ぐために屋上緑化は活用されています。植物が直射日光を受け止めて、紫外線によるダメージを減らせるのも屋上緑化のメリットです。酸性雨がコンクリートに当たることで、表面が少しずつ削れていくのを防ぎたい時にも屋上緑化は役立ちます。

寒さに強い建物になる

植物には保温効果があるので冬場に建物が冷えないように、屋上緑化を行う企業も増えています。雪が屋上に積もってしまうと建物が少しずつ冷えていき、室温も下がってしまうので、屋上緑化で雪がコンクリートに触れないように対処するのは効果的です。屋上緑化を済ませておくと建物に雪が降っても、植物が持つ熱によって雪が少しずつ溶けていきます。

屋上緑化とは、屋上に花や草などの植物を植えることです。地球温暖化によるヒートアイランド現象の対策にもなります。