サングラスで紫外線はカットできない?サングラスの正しい選び方を学ぼう!


サングラスの色と紫外線カットの性能は無関係

日差しを緩和させる効果があるサングラスは目の保護に役立つとされ、世界中で普及しています。日光に含まれる紫外線もカットできるイメージがありますが、実際には普通のサングラスに紫外線をカットする性能はありません。サングラスはあくまでも光の眩しさを緩和させるだけの物で、紫外線はほぼ貫通してしまいます。そのため、紫外線をカットしたいならUVカットなどと記されている、専用のメガネを選ぶのが賢明です。色が濃いサングラスほど紫外線カットの性能が高いと誤解されているのは見た目の問題であり、どのような色でも紫外線カットの加工が施されていなければ、単に眩しさを緩和させるだけと見なすのが正しい解釈と言えるでしょう。

メガネ専門店に相談するのが正しい選び方

紫外線カットの性能を持つサングラスを選ぶなら雑貨店などの小売店ではなく、メガネ専門店を利用するのが賢明です。メガネ専門店はメガネ作りの専門家が常駐しているので、目の状態に適したサングラスを作ることができます。紫外線カットの性能も使う人の目の状態に合わせて調整してくれるので、体に負担をかけずにサングラスを愛用することが可能です。専門店でのメガネ作りはオーダーメイドなので費用が嵩みますが、体を労わりながら紫外線を効果的にカットするための出費と割り切るのが賢い考え方です。視力は喪失するとほぼ回復せず、生活にも大きな支障をきたします。そのような事態を避けるためにも紫外線カットに必要な出費を惜しんではいけません。

サングラスを選ぶときには使う環境によって変えるのが大切です。複数の場所で使う場合には、用途ごとに持っている方が目の保護をする力は高まります。