大切な写真を失いたくない?自動バックアップを使おう!


自動でバックアップできるようになる

スマホで写真を撮影している場合、紙に印刷するのではなく、そのままデジタルデータとして保存しているケースも多いでしょう。それでは、機器やSDカードなどの記憶媒体が壊れてしまったとき、大切な写真を失ってしまうことになります。そのため、デジタルデータはバックアップを取っておくことが大切だといわれているのです。しかし、大量の写真を撮影する方は、わざわざバックアップを取るのが面倒だと感じている場合もあるでしょう。そのときは、自動バックアップ機能がついているクラウドストレージサービスを活用しましょう。そちらを使えば、最初に少しの設定をするだけで、大切な写真を自動でバックアップできるようになります。

クラウドストレージサービスの概要

クラウドストレージサービスはさまざまなデジタルデータを預けられるようになっていて、もちろん写真にも対応しています。10ギガの保存スペースを無料で貸し出してくれるところもあるので、お金を支払わずともたくさんの写真を預けることが可能です。多くのクラウドストレージサービスでは、自動バックアップ機能がついているので調べてみましょう。基本的な使い方はどのサービスも同じようなもので、まずはバックアップをしたいフォルダを選ぶことになります。スマホで撮影したものをバックアップしたいときは、写真フォルダを選んでおきましょう。そうすれば、そのフォルダに入っているファイルが、クラウド上の保管スペースに自動でアップロードされるようになります。もちろん、これまでの写真だけではなく、新たに撮影したものにも対応しているため、意識せずとも大切な写真を自動でバックアップできます。

フォトブックとは個人向けのデジタル画像などから作成される写真集の事です。自身の思い出を1つの形として残すことのできる貴重なものです。